ここだ!

PCの前に座り変動しているマーケットを見るとどことなく取引をしたいという思いに影響される事も多いです。

 

だがしかし、不確かな衝動でトレードすることは、決してしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、相場は1日中どういう時でもいずれかで市場はやっているし為替相場も変動しています。

 

しかしながら、考え無しに売り買いを積んでいくと、その回数分だけマイナスになる可能性が上がってしまいます。

 

当然の事ながら、売り買いの数を経験することによって、だんだんと利益を上げられる可能性が五分五分になります。

 

しかしこれは「ぼんやりとしたアイデアで取引」とは話が異なります。

 

注文回数を重ねるとは、自ら「ここはいける」と思いついた確信を持った場合のエントリー回数を積むという意味である。

 

ただ何となく、次々と注文を積み重ねるのとは明らかに異なります。

 

市場の駆け引きに勝つためには自ら思案して緩急をつけることこそが肝心です。

 

「ここだ!」と思えた相場の時には、持っているポジションを増やして思い切り利益を追求します。

 

「明らかに難しい外国為替市場でどう上げ下げするのか思いつかないな」と感じたならば執着しないで保持ポジションをすべて閉じて何もしない。

 

これくらいのテンポでやった方が、最後には取引は儲けられます。

 

マーケットの名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まさにその通り。

 

相場とは何も常にポジションを保有する事がすべてではなく、何も持たないでじっと見ていることも状況によっては、外国為替相場です。

 

じゃあ、いつ、休むといいのでしょうか。

 

ひとつは、前に述べたように、現在のマーケットがしっかりと見通しがきかない時です今後上がるのか下がるのか判断できない時は、考え無しで行動すると、自分の思ったシナリオとは逆の方向に為替相場が向ってしまい、損失を被ることになる。

 

そうした時はポジションを閉じそのまま何もぜずに見ているだけが良い方法です。

http://sr-imanaka.com/check-point/

ふたつめは、自分自身の体の状態が変なときです。

 

健康状態と為替相場に関係性はないと感じる投資家もいると思いますが実際には関係あります。

 

コンディションが思わしくなければ、外国為替市場の重要なところで必要な決断を下すことが難しくなります。

 

興味がわかない時は、トレードから遠ざかる事も肝心な事です。