多重債務に悩む方

民事再生という選択は住宅ローンなどを含む多重債務に悩む方を救済するためにマイホームを維持したまま金銭管理の面で立ち直っていくための法的機関を通した借金整理の選択肢としてはじまった法律です。

民事再生は、破産申告みたいに免責不許可となる要件がありませんのでギャンブルなどで借金をしたようなときでもOKですし、破産申告をした場合は業務の停止になる可能性のある業界で働いている人でも手続きが可能になります。

 

破産手続きでは、マンションを残すわけにはいきませんし、任意整理等では借金した元金は払っていかなくてはなりませんので、住宅のローンを含め返済をしていくことは多くの場合は簡単ではないと思われます。

でも、民事再生による処理を取ることができれば、住宅ローン等のほかの借金については少なくない減ずることができますので、余裕をもって住宅ローン等を払いながらそれ以外の借入金を返済し続けるようなことができるということになります。

 

民事再生という方法は任意整理による手続きまたは特定調停といった手続きと異なり一定の借り入れを除いて処理を行うことは考えられませんし破産に適用されるように借り入れ金それそのものなくなるということではありません。

これとは別の解決方法と比較しても若干簡単ではなく手間が必要ですので住宅のローンがあり住宅を維持したい場合など以外において、自己破産などのその他の整理ができない場合の最後に考える処理として考えていた方がいいでしょう。

http://yukkurnonbiri.blog.shinobi.jp/